• 口コミ
    レバーザイムの口コミ・効果はどうなの?
  • コラム
    肝臓の数値(GOT、GPT、γGTP、ALP、血清ビルビリン、LDH)について
  • 口コミ
    しじみにんにく極の口コミ・効果はどうなの?
  • 口コミ
    Wのオルニチンの口コミ・効果はどうなの?
  • コラム
    肝臓と疲れの関係について
  • 口コミ
    レバリズム-Lの口コミ・効果はどうなの?
sijimi-orunitin-kankei

肝臓は、アルコールや疲労の原因であるアンモニアなどの有害物質、老廃物を分解し、解毒化する作用を担っている臓器です。

 

また脂質の分解に対しても作用を持っています。

 

そのため肝機能が低下すると、有害物質や老廃物が蓄積されやすくなり、体のコンディションが大きく低下する可能性が出やすくなります。

 

更に脂肪の分解も滞ることから、肥満や全身のエネルギー不足なども出てくる可能性があります。

 

ですのでこのような状態を防ぎ、肝臓の機能を維持、改善、回復することが全身の健康にとっては重要なんですよね。

 

その機能を回復させるのに効果が期待できるとされているのがオルニチンです。

しじみのオルニチン

しじみに含まれるオルニチンは、これまでも様々な研究が行われています。

 

その研究の成果として期待される効果がいくつかあります。

  • アンモニアの解毒をサポート
  • 疲労回復、改善
  • アルコール性の疲労回復

オルニチンサイクル

オルニチンサイクルという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

肝臓の働きの1つに、有害なアンモニアを無害な尿素に代謝する=解毒、無毒化、があります。

このアンモニアの解毒の作業を担っているのがオルニチンで、一連の工程をオルニチンサイクルといいます。

 

オルニチンは遊離アミノ酸の一種で、体内で作られて体内を巡回しています。

オルニチンが体内で作られるといっても、アンモニアの解毒などのために使われると減少しますので、オルニチン不足になる場合があります。

 

このオルニチン不足は体にとって良くない状況ですので、なるべく回避したいものです。

 

例えば、オルニチン不足によってアンモニアの無毒化が十分に行えない可能性があり、有毒なアンモニアが体内に溜まると、脳への悪影響もあると言われています。

 

ですので、人間の体は肝臓のほかに腎臓なども解毒を助けるようになりますが、腎臓への負担が大きくなると、それはそれで問題で腎臓の疾患へつながる可能性も出てきます。

 

ですので、体内で作られるオルニチンが不足するようであれば、別の形で補給するなどが必要になってきますね。

補足

アンモニアとオルニチンと反応した時、シトルリンというアミノ酸に変わります。

 

シトルリンが再度アンモニアに反応した時、今度はアルギニンというアミノ酸に変わります。

 

このアルギニンは水と反応した時にオルニチンと尿素に変換されます。

オルニチンが不足するのは悪影響が出る可能性がありますので、意識してオルニチンを豊富に含むしじみなどで摂取したいですね。

オルニチンの研究

オルニチンサイクルのほかにも、オルニチンは身体の疲れを改善する効果があると言われています。

 

実際にオルニチンを摂取した人と摂取してない人との比較で、摂取した人の方が思考回路が改善される割合が高いという研究報告もあります。

 

また、オルニチンを摂取した人と摂取していない人との比較で、日常生活の自覚症状についてアンケートした結果、「全身のだるさ」、「朝の目覚めの気分」という項目で、オルニチンを摂取した人たちが、摂取していない人たちより改善率が高いという結果もあります。

 

その他の研究では、飲酒による疲労について、オルニチンが抑制するか確認する動物試験があります。

 

結果は、オルニチンの摂取で飲酒翌日の疲労が抑制されることが確認されています。

しじみのオルニチンと肝臓についてまとめ

しじみに含まれるオルニチンが大事な成分だというのは、これまでも聞いたことがありましたが、これほど重要だとは…。

 

ちょっと認識を改めなければいけませんね。

 

お酒の飲み過ぎなどで肝臓を酷使するのも、考えものです(汗)

 

そう考えると、可能なところからケアしていくのが良いますし、まずは早めに肝臓をいたわってあげることが大事かもしれないですね。

 

>>肝臓ケアサプリ厳選ランキングはこちら

 

 

 

コラムの関連記事
  • 肝臓の役割と肝臓ケアのための食事と運動について
  • 肝臓とアルコールの関係について
  • sijimi-orunitin-kankei
    しじみのオルニチンと肝臓の関係について
  • 肝臓と疲れの関係について
  • 肝臓の数値(GOT、GPT、γGTP、ALP、血清ビルビリン、LDH)について
おすすめの記事