こんな簡単でいいの?肝臓回復系サプリ!厳選ランキング☆

肝臓を回復させるといっても、1日2日でどうにかなるものではありませんので、サポートとしては継続することが大事になってきます。

その点でサプリの魅力は手軽なところですので継続しやすいですね。

もちろん、自分で納得できる結果が欲しいですから、その点も実体験から厳しくチェックしてランキングにしました!

その厳選サプリランキングをさっそく見てみましょう。!

肝臓回復系サプリランキング

レバリズム-L
しじみ&牡蠣エキス&スクワレン配合の肝臓回復のためのサプリ。素材にこだわった厳選成分・しじみ&牡蠣エキス&スクワレン他、シスチン、ビタミンB2、ビタミンEなど配合。数値撲滅キャンペーン初回限定500名。
詳細こちら 公式HPへ
しじみん
しじみの身+貝殻成分のカルサイトを配合した肝臓回復サプリ。特許取得の新健康成分カルサイトたっぷり30日分が75%オフ。他にはない肝臓サプリ。
詳細こちら 公式HPへ
レバーザイム
8つの成分オールインワンの肝臓サプリ。レバーエキス、ウコンエキス、しじみエキス、ビタミンB2・E 、しそ油、牡蠣エキス、活性酵素、EPA・DHA(オメガ3)の8つを配合した回復系サプリ。
詳細こちら 公式HPへ
セラクルミン
日本初・肝臓のための機能性表示食品。肝機能酵素-AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP-の数値の低下が科学的に実証された機能性食品。クルクミンの吸収力を高めた回復系サプリ。
詳細こちら 公式HPへ
ゲンキウコン
ウコンのクルクミンにこだわった肝臓回復系サプリ。クルクミンが最も多いと言われるインドネシア産のクスリウコンを使用。
詳細こちら 公式HPへ
肝パワーEプラス
牡蠣&にんにく&南高梅の3つを凝縮。牡蠣(広島産)、ジャンボにんにく(長野産)、南高梅(紀州産)を配合。素材・産地・量のすべてにこだわった肝臓回復系サプリ。
詳細こちら 公式HPへ
しじみエキス Wのオルニチン
130年前から同じ製法の日本最古のサプリ。明治15年から同じ製法(30時間煮詰める)にこだわったしじみエキスの回復系サプリとして人気。
詳細こちら 公式HPへ
しじみにんにく極
しじみ、にんにく、すっぽん配合の回復系サプリ。肝臓系のトリプル配合でモンドセレクション金賞受賞の肝臓回復系サプリ。
詳細こちら 公式HPへ

 

肝臓回復系サプリランキング1位のレバリズム-Lとは

肝臓について色々知識を付けると、お酒を飲んでいるのに何も対策しないのは本当に怖いと思うようになりました。

そういう面でも肝臓回復系のサプリメントが話題になってきたのかもしれませんね。

肝臓回復系サプリの中でもレバリズム-Lは国内の厳選された素材にこだわり、丁寧に作られたサプリのようですが、実際に試してみてそのこだわりが実感できたような気がします。

朝の目覚めから「あ、ちょっと違うかも」という感覚があったのはレバリズム-Lでした。

使用した人たちの満足度が97%というのも心強いですね。

定期コースで初回が税込980円と試しやすくて、定期コースと言っても特に解約条件はなく、いつでもやめられるのも良心的ですね。

>>肝臓回復系サプリランキング1位はこちら

ランキング上位の比較表

ランキング1位~5位のサプリについて比較表でチェックしてみましょう。

 レバリズム-L  しじみん レバーザイム セラクルミン ゲンキウコン
公式HP
評価             
特徴

5つの厳正素材を濃縮

しじみの身+貝殻成分

 

8つの成分オールイン

肝臓系の機能性表示食品

クルクミン

税込価格

初回980円

(次回定期3,980円)

初回1,000円

(次回定期4,104円)

10日分980円

(次回定期4,860円)

初回4,990円

(次回定期7,984円)

初回1,058円

(次回定期3,402円)

送料 無料 無料 無料 無料 無料
解約条件

いつでも解約可

いつでも解約可

いつでも解約可

いつでも解約可

いつでも解約可

詳細 レバリズム-L

>公式HP<

しじみん

>公式HP<

レバーザイム

>公式HP<

セラクルミン

>公式HP<

ゲンキウコン

>公式HP<

レバリズム-Lサプリの詳細・レビュー

このレバリズム-Lサプリですが、公式ページにも記載があるようにテレビで紹介されて以降、注文が集中しているようで在庫が少なっているようです。

モニターキャンペーンも実施して初回がかなり割引されていますけど、いつまで続くか分かりませんので試す場合は早めが良いかもしれません。

>>レバリズム-Lサプリ公式ページはこちら

レバリズム-Lサプリのレビュー内容

レバリズム-Lが郵送で到着。肝臓回復系サプリの他にこれまで色々なサプリなどをネット通販で購入していますので、注文から受け取りまではさすがに慣れています(笑)

このレバリズム-Lサプリは公式サイトでしか購入できませんのでサクッと公式ページで注文。特に問題なく商品が到着しましたよ。裏面に成分などが明記されています。

箱を開けると個包装になっていて、3粒入りの袋が30袋入っていました。

その他、説明などの折り込みが入っています。健康習慣についての記述や栄養バランスガイドという形で参考になる内容が書かれています。

商品のほうですが、3粒入りの個包装はこんな感じですね。

実際に封を開けて中のサプリを摂りだすとこんな感じです。それほど粒は大きくないので飲みやすいほうですね。3粒なら特に問題なくサッと飲めます。

箱の裏側に成分が記載されています。これについてはさらに詳しく解説していきますね。

レバリズム-Lの配合成分

サフラワー油、牡蠣エキス末、スクワレン、ゼラチン、L-シスチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、ビタミンE、ビタミンB2。

 

サフラワー油は、紅花(ベニバナ)の種子から採取される油脂のことで、紅花油(べにばなゆ)、サフラワーオイルとも呼ばれ、主に食用油として使われているものですね。

 

サプリの主な成分ピックアップ

1、しじみエキス

アンモニアの分解と解毒作用をサポートすると言われるアミノ酸オルニチンが食品の中でもトップクラスのしじみ。レバリズム-Lはこのしじみにこだわり静岡産を厳選しています。

2、牡蠣エキス

海のミルクと呼ばれる栄養豊富な牡蠣。有名なのはタウリンではないでしょうか。タウリンといえば疲労回復のイメージがあると思いますが、肝臓の解毒作用があるとも言われています。また、牡蠣には男性の元気の源として注目の亜鉛もしっかり含まれていますね。

3、スクワレン

スクワレンは、深海性のアイザメの肝油に含まれるもので、新陳代謝を高めることで免疫力を高める効果も期待されています。

4、その他の成分

シスチンは肝臓の解毒作用に重要なグルタチオンを作るアミノ酸だと言われていますね。ビタミンB2やビタミンEも体に良い成分として有名です。

このようにレバリズム-Lに配合されている成分はしっかり考えられて選ばれている点に加え、それぞれの成分を活かすために素材を厳選しています。

国内産にこだわる理由もそこにあるようです。また、素材へのこだわりが品質の向上につながっている1つの例として、お子さんや妊婦さんでも利用できるということです。

これは公式ページのQ&Aにも掲載されています。

レバリズム-LのQ&Aについて

レバリズム-Lの公式ページに表示されているQ&Aの中で、子供や妊婦さんが飲んでも大丈夫という説明があります。しっかりと厳選して成分を配合しているというのが分かるポイントですよね。

レバリズム-Lの口コミを抜粋

ネットでいろいろ調べてみてもレバリズム-Lの評判は比較的良いですね。公式ページでも写真付で口コミが紹介されていますので一部チェックしてみます。

朝がスッキリしているという意見ですが、私も実は同じような感覚がありました。私もけっこうお酒の量を飲めるほうですが、飲み過ぎた翌日は2日酔いで頭が重いですし、ムカムカ感も続きますよね。それが軽くなるようなイメージでしょうか。そういうところで単純に「肝臓が回復しているかも」と思えるんですよね。

この方は毎日晩酌をするようですが、2日酔いの苦しさが少しなくなってきたということで、この辺の感覚も私は同じ感じがありますので、毎日お酒を飲むようなケースでも違いが分かるということかもしれませんね。

肝臓といえば疲労が関わっていますが、お酒だけではなく疲労面での違いを感じている場合もあるようです。私はどちらかというと疲労というよりお酒の抜けや翌日の体の調子全体が違うように思いましたが、もしかしたらこれも疲労の違いによる感覚なのかもしれませんね。

この方は肝臓がもともと弱いようですが、肝機能のサポートという面でサプリで手軽に続けられるというのは嬉しいですよね。私もサプリだから続いているという面があります。何事も面倒なことは避けたいですからね(笑)

肝臓だけでなく確かに健康という面で、肝臓の機能をアップできれば少なからず健康へつながるというのはイメージだけでなく体感的に分かりますよね。

お薬ではありませんので確実に肝臓が回復するとは言い切れませんが、多くの方が実際に体調の改善などを感じているのであれば、試す価値はあるのではないでしょうか。

何も対策しないで悪化の一途をたどるのは本当に避けなければいけません。その点で気軽に始められて継続しやすい方法であればまずは始めてみるのが良いかもしれませんね。

>>肝臓回復系ランキング1位のレバリズム-Lはこちら

肝臓ケアの大事な点(TOPページ)へ

関連記事

関連記事がありません。