疲れとは、ある部分の使い過ぎやストレスなどによりその部分の機能が低下してしまい、普段のように働くことができなくなるものです。

 

通常は休養をとったり睡眠を十分にとることで回復し、元に戻ります。

 

そして疲労感とは、疲れが蓄積されていって病気になる前に、心身を休めて疲れを回復させないといけないという危険信号の一つです。

 

特に体の中で1番大きい臓器と言われる肝臓は、その働きも多く、よく疲労する臓器になりますので、うまく労わって機能を回復させるのが大事です。

疲れのサイン

身体のいずれかの部分に疲れが蓄積すると、その疲労サインを脳が察知して疲労感が発生します。

 

その状態になると脳が疲労回復を促す指令を発信するという仕組みになっています。その指令を受けてしっかりと休養をとることで、疲れを取り除いていくのです。

 

肝臓についても同じですので、肝臓を回復させたいと考える場合は、やはり休養を与えるというのが回復方法として良いことは間違いありません。

 

筋肉疲労や眼精疲労などといった言葉はよく耳にすることがありますが、肝臓疲労という言葉は通常あまり耳にしませんよね。

 

しかし、睡眠不足が続いたり、ストレスが溜まると疲れるといった症状は、ほとんどの人が経験したことがあると思います。

 

実は、不摂生と疲労には肝臓が関係しています。

不摂生と疲労と肝臓

食べ過ぎや飲み過ぎといった暴飲暴食や睡眠不足、ストレス、運動のしすぎなどの行為が、それぞれ肝臓を酷使する結果になり、脂肪の沈着につながります。

 

そしてそれが、肝臓疲労を引き起こす要因となるのです。使いすぎや脂肪沈着が起きると、肝臓は機能低下を起こします。

 

すると肝臓の重要な機能である代謝や解毒といった作用が働かなくなり、エネルギーが不足したり毒素が蓄積されて行くため、疲れを感じるようになります。

 

また、腹部にある主要な臓器とつながりがあるため、肝臓の機能低下は全身に影響を及ぼしていくと言われています。

 

飲酒をする場合、アルコールが抜けた後でも体に倦怠感や脳が活発に機能しないことが多くあります。

 

これも肝臓が疲労している症状が原因で、脳がエネルギーとして使用するケトン体や糖を十分に作り出せずにエネルギーの供給不足となってしまっているのです。

 

ですので肝臓の機能を回復させるのが、体の活力を取り戻すために大事なのは理解できると思います。

 

元気で活発に活動できる身体を維持するためには、暴飲暴食やアルコールのとりすぎ、ストレスや寝不足などに注意する意識が大事になります。

 

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

コラムの関連記事
  • 肝臓と疲れの関係について
  • 肝臓の数値(GOT、GPT、γGTP、ALP、血清ビルビリン、LDH)について
おすすめの記事
コラム
疲れとは、ある部分の使い過ぎやストレスなどによりその部分の機能が低下してしまい、普段のように働くことができなくなるものです。   通常は休養...