肝臓回復にはどのサプリ?お酒好きのための厳選サプリランキング

「肝臓が回復しているか心配、でもお酒やめられない」…毎日のようにお酒を飲んでいると肝機能の低下が心配ですが、かと言ってお酒は中々やめられません(汗)

ただ40代にもなると「肝臓が悲鳴を上げて自分に万が一のことがあったら家族は…」という思いが頭をよぎったり(汗)

そうならないために肝臓回復のためのサプリが注目されていますので、いま話題の肝臓回復系サプリをランキングで整理します。

もし、お酒は好きだけど肝臓の回復度合いが気になる、という場合はチェックしてみてはいかがでしょうか。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

肝臓ケアで機能を回復させよう

お酒を毎日飲んでいる場合や、多く摂取してしまう日が多い場合は、肝臓に大きな負担をかけますので肝臓の機能を回復する方法を普段の生活に習慣として取り入れるべきなんですよね。

頭では分かっているんですが・・・あなたもきっとそうですよね。

肝臓に負担をかけてそれが回復しないまま飲酒を続けると、脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変となってしまう可能性があります。

脂肪肝でもちょっと焦りますが、肝硬変ともなれば「命の危険」も考えられる病気ですので本当に注意が必要です。

お酒を飲まない選択?

肝機能を回復させるために、まずは第一にお酒を飲みすぎないことが大事です。

日本人は欧米人と比べてアルコールを分解する酵素が少ないと言われていますので、その点でも肝臓が回復しにくく、負荷がかかりやすいと言えます。

ですので毎日お酒を飲んでいる場合は飲む量を減らすなどの工夫が大事になります。

ただ、そうは言っても実際なかなかできないのが本音ですよね(汗)

そもそも肝機能を回復させるために大事なのは運動や食生活の改善だと言われますが、運動も食生活の改善も普段の生活リズムの中で、急に変えろと言われても正直難しいのが現実。

そうなると別の方法で肝機能を回復させるしかないわけですが、その1つとしてサプリが有効だという考えが多くなってきました。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

肝臓回復には食事と運動も意識しよう

肝臓回復系のサプリで肝機能をサポートするのも大事ですが、肝臓をいたわる意味で根本的な部分は意識しましょう。

やはり、可能であればお酒を減らすこと。

そしてお酒を減らすのと同時に肝機能を回復させるための食事を心がけて良い成分を摂取することが大切です。

肝機能を回復させる栄養素としては、ビタミン類が有名です。

特にタバコを吸っているのであれば、体内のビタミンが常に不足している状態のためビタミンを多く含む食材やサプリを摂取したいですね。

ビタミンが不足してしまうと肝臓が正常に働かなくなってしまい、栄養素を上手に処理できなくなってしまいます。

ビタミン類の多く含まれる食材としては、野菜や果物の他にも、うなぎや青魚なども挙げられます。

ビタミンの他にタンパク質も

ビタミンの他にも良質なタンパク質を摂取したほうが肝臓回復のためのサポートして良いと言われています。

タンパク質も不足してしまうと肝細胞を回復する酵素が上手く作り出せなくなってしまいます。

タンパク質としては、卵、魚、肉、乳製品となります。

肝臓回復に運動も

食事以外にも、運動不足によっても肝臓に負担をかけてしまいます。

運動不足で血行不良となってしまうと血液が汚れやすく、汚れた血液は肝臓に流れ、解毒するのに負担をかけてしまいます。

運動によって血流を良くし、中性脂肪も減らせるため、定期的な運動を心がけたいところです。

なかなか難しいですが(汗)

また、睡眠についても、立っている時よりも寝ている時のほうが肝臓に行く血液の量が増え、必要な栄養素や酸素が運ばれていきます。

それによって肝機能が高まるため、夜更かしや短時間の睡眠を避けたほうが良いと言われていますので意識したいですね。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

肝臓の数値について

肝臓の健康状態を示す数値は、GOTとGPT、γGTP、ALP、血清ビルビリン、LDHの6つです。

GOTとGPT

GOTとGPTは肝臓に存在しアミノ酸の代謝に疲れる酵素のことで、これらの数値が高いと急性肝炎やアルコール性肝炎、肝硬変などの疑いがあります。

GOT基準値以上でGPTは基準以内ではあるがGOTより高い場合は肥満による脂肪肝である場合が多いといいます。

γGPT

γGPTは解毒作用に関わっている酵素ですので、この数値が高くなっている時は解毒作用が低下していると考えられます。

分かりやすい例ではアルコールを飲み過ぎて一時的に γGPTの数値が上がるケースです。

これはアルコールを控えればすぐに正常値に戻ると言われています。

痩せていてアルコールも飲まない人で肝臓の調子が悪くなると γGPTの数値が上がる場合があります。

非アルコール性脂肪肝は糖質の過剰摂取が原因で、γGPTは高いですがGOTとGPTは正常値です。

ALP

ALPは肝臓や腎臓、骨などで生成される酵素です。

胆管が詰まっていると血液中のALP濃度が高くなるので、胆管周辺に問題があると考えられます。

ただし他の臓器でも生成される酵素なので、精密検査では様々な臓器が対象となります。

成長期の子供でも数値が上がる場合がありますが、原発性胆汁性肝硬変という非常に珍しい病気が見つかるケースもあります。

血清ビルビリンは赤血球が寿命を迎えて分解されてできる黄色い汁で、肝臓から胆管、小腸へと捨てられます。

この数値が高くなるのは、肝臓や胆道に異常がある時です。

肝炎や胆管結石を引き起こすと、白目や肌が黄色くなったり尿が茶色くなったりします。

LDH

LDHは糖分をエネルギーに分解する時に使われる酵素です。

体中に存在しているので、数値が高い時は精密検査を受けて全身を調べなければなりません。

血液疾患やウイルス性急性肝炎、肝疾患など様々な病気が疑われます。

肝臓は再生力が強く病気が悪化してから症状が出るという理由で沈黙の臓器と呼ばれることが多いです。

定期的に検査を受けないと自力では再生できないほど手遅れになっていることもあるため、健康診断で正しい数値を把握することが大切です。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

肝臓機能の数値γ-gtpについて

肝臓の数値として先ほどのGOTとGPT、γGTP、ALP、血清ビルビリン、LDHの中でも特に健康診断などでも注目されるのはγ-gtpではないでしょうか。

お酒に関係する数値としてよく取り上げられますのでここでも少し詳しく解説しますね。

そもそも肝臓って

そもそも肝臓は人間の身体の中でも結構丈夫な臓器と言われています。

腎臓などと同じで、ここに異変がある時は、かなり悪い症状が進行している状態のため危険とも言われています。

したがって肝臓は普段生活でも、丈夫だからといって油断せずに大切に扱うことが健康上重要というわけです。

γ-gtp

さて、肝臓機能に関する数値としてγ-gtpというものがありますが、これは酵素であって、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれているものです。

GOTやGPTと同じく、タンパク質を分解する役割を担っています。

γ-gtpは、肝機能が傷んだり、結石やがんなどで胆管が詰まったときなどに血液中に出てきます。

ですので、肝臓や胆管の異常がないかどうかを調べるためには必須の数値と言えます。

健康診断では重要な検査の一項目となっています。

肝臓の異変である肝炎・肝硬変・肝臓がんなどになっていると高い数値が現れます。

胆管、すい臓、心筋梗塞などでも現れます。

一般的には、アルコールに敏感な反応を示しますので、毎日お酒を飲んでいれば高い数値になります。

アルコール性の肝機能障害にならないためにはとても大事な検査と言えます。

数値が高かったときは、お酒を控えるようにしていれば機能が回復して通常は数値は下がります。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

γ-gtpの具体的数値の基準

健康基準の数値範囲(JSCC勧告では男性が50IU/l以下、女性が30IU/l以下とされています)に入れば一安心ですが、下がらない場合は、精密検査も必要になります。

肝障害、すい臓の炎症、すい臓がんなど、怖い病気にかかっている可能性があるからです。

精密検査の結果を基に、お医者さんの指導を仰ぎ、必要であれば早い内の治療が望まれます。

考えられる病気は、並べてみれば前述のものも含めて、アルコール性肝炎、アルコール性脂肪肝、胆汁うっ滞性肝炎、慢性・急性肝炎、薬剤性肝障害、胆石などがあり、いずれも放置しておけない病気です。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

肝臓とアルコールの関係について

 

健康に生活したいと考えるのは自然なことですよね。

ただ、若いうちは元気に生活できますが、不摂生な生活を続けていると40代くらいから少しずつ影響が出てきますので早めに機能回復のための対策を講じておく必要があります。

中でも特に気をつけたいのは肝臓ではないでしょうか。

欠かせない臓器の1つ

肝臓は健康に生活するためには欠かせない臓器ですので、肝臓に関する数値が悪化した場合に、回復しないまま放置しておくのはナンセンスと言えるかもしれません。

肝臓に影響を生じさせるものといえば、やはりアルコールになります。

アルコールの分解

特に社会人になると飲み会に参加しなければいけない機会も出てきます。

そのような機会が続いて毎日のようにお酒を飲んでしまうケースもあるかもしれません。

ただ、その生活は危険だと言わざるを得ません。

肝臓はアルコールを分解する働きがありますが、この働きは一日に男性の場合40g、女性の場合は20gしか行われないと言われています。

少ないですよね。

毎日大量のお酒を飲み続けてしまうと機能が回復せずにアルコールを分解できなくなりますので、それが続くと例えば疲れやすくなったり、2日酔いになりやすかったりするわけですね。

ですので、アルコールによる症状が悪化する前に改善して本来の機能が十分に働く態勢に戻すことが大事になります。

脂肪肝

肝臓の30%以上に脂肪が溜まってしまうと脂肪肝になります。

脂肪肝を甘く考えている方がいるようですが、肝硬変や肝臓がんに進行してしまう可能性がありますので本当に注意が必要です。

肝硬変や肝臓がんになってから後悔している方がいらっしゃるようですので、食生活などを変えて日頃から肝機能を回復させるなど予防する対策が求められます。

適度に飲むのであればお酒は百薬の長と言われていますが、大量のお酒を飲んでいる方は将来のことを考えてなるべく早く見直すべきですね。

お酒を飲むのがダメだというのではなく、休肝日を設けて臓器への負担を少なくする意識が大事です。

好きなお酒や脂っこい料理ばかり楽しみたい方がいるかと思われますが、そんな食生活を続けていると大きな病気を発症してしまうリスクが高くなりますので、アルコールとの付き合い方を考え直すことが大切です。

休肝日は少なくとも週に2回は必要です。

また、お酒のつまみは高カロリーなものは避けて、低カロリーのものを食べるようにしましょう。そのように体のことを考えて生活するべきです。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

お酒が肝臓機能を低下させるのはなぜ?

肝臓は不調をきたしても、神経が無いため自覚症状がなく、お酒を定期的に飲んでいるという方は注意が必要となります。

お酒が肝機能を低下させてしまう原因は、お酒を飲むことによって肝臓に大きな負担をかけてしまうためです。

摂取したアルコールは90%以上が肝臓で分解されるため、飲み過ぎてしまうと肝臓を酷使してしまうことになります。それが続くと機能が回復しないまま、また次のアルコールを解毒する必要があり、肝臓が疲れてしまうわけです。

また、アルコールによって肝臓に脂肪が溜まりやすくなり、脂肪肝になってしまいます。

脂肪肝の状態

脂肪肝は肝臓の障害で最も多く、肝臓に30%以上の中性脂肪がついている状態のことを指します。

脂肪肝となってしまうと、血液中にも中性脂肪が流れて動脈硬化などの原因ともなってしまいます。

体重が増加していなくても、脂肪肝になっている可能性は十分にあります。

この脂肪肝を放置してしまうと、アルコールを分解する時に発生するアセトアルデヒドによって肝臓の細胞が破壊されてしまい、肝臓が硬くなってしまう肝硬変になります。

肝臓の悪化が進行すると

この肝硬変の進行を放置していると、肝臓の機能が回復せずにほとんど働かなくなる肝不全や、肝臓のがんにもなる可能性が高くなります。

年数としては、脂肪肝の状態が5年以上続き、大量のお酒を飲み続けることで肝臓が炎症を起こすアルコール性肝炎が起こります。

アルコール性肝炎の状態でお酒を飲み続け、5年から15年ほど経つと肝硬変となります。

お酒を飲む方で、アルコール依存症となってしまう方もいますが、このアルコール依存症の8割程度の方が合併症としてなんらかの臓器の障害が確認されていると言われています。

アルコール性肝炎になった時には肝臓が腫れてしまい、吐き気や腹痛、嘔吐などの症状が現れるため、お酒を飲みすぎている方で、そちらの症状が現れた場合は病院で検査を受けたほうが良いでしょう。

沈黙の臓器、我慢強い臓器とも言われているように、自分では気が付かないことがほとんどとなるので、定期的に健康診断を受けて早めに肝臓の不調を知る必要があります。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

肝臓と疲れの関係について

疲れとは、ある部分の使い過ぎやストレスなどによりその部分の機能が低下してしまい、普段のように働くことができなくなるものです。

通常は休養をとったり睡眠を十分にとることで回復し、元に戻ります。

そして疲労感とは、疲れが蓄積されていって病気になる前に、心身を休めて疲れを回復させないといけないという危険信号の一つです。

特に体の中で1番大きい臓器と言われる肝臓は、その働きも多く、よく疲労する臓器になりますので、うまく労わって機能を回復させるのが大事です。

疲れのサイン

身体のいずれかの部分に疲れが蓄積すると、その疲労サインを脳が察知して疲労感が発生します。

その状態になると脳が疲労回復を促す指令を発信するという仕組みになっています。その指令を受けてしっかりと休養をとることで、疲れを取り除いていくのです。

肝臓についても同じですので、肝臓を回復させたいと考える場合は、やはり休養を与えるというのが回復方法として良いことは間違いありません。

筋肉疲労や眼精疲労などといった言葉はよく耳にすることがありますが、肝臓疲労という言葉は通常あまり耳にしませんよね。

しかし、睡眠不足が続いたり、ストレスが溜まると疲れるといった症状は、ほとんどの人が経験したことがあると思います。

実は、不摂生と疲労には肝臓が関係しています。

不摂生と疲労と肝臓

食べ過ぎや飲み過ぎといった暴飲暴食や睡眠不足、ストレス、運動のしすぎなどの行為が、それぞれ肝臓を酷使する結果になり、脂肪の沈着につながります。

そしてそれが、肝臓疲労を引き起こす要因となるのです。使いすぎや脂肪沈着が起きると、肝臓は機能低下を起こします。

すると肝臓の重要な機能である代謝や解毒といった作用が働かなくなり、エネルギーが不足したり毒素が蓄積されて行くため、疲れを感じるようになります。

また、腹部にある主要な臓器とつながりがあるため、肝臓の機能低下は全身に影響を及ぼしていくと言われています。

飲酒をする場合、アルコールが抜けた後でも体に倦怠感や脳が活発に機能しないことが多くあります。

これも肝臓が疲労している症状が原因で、脳がエネルギーとして使用するケトン体や糖を十分に作り出せずにエネルギーの供給不足となってしまっているのです。

ですので肝臓の機能を回復させるのが、体の活力を取り戻すために大事なのは理解できると思います。

元気で活発に活動できる身体を維持するためには、暴飲暴食やアルコールのとりすぎ、ストレスや寝不足などに注意する意識が大事になります。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

オルニチンと肝臓の関係について

オルニチンは、体内に存在しており、また体内で生産されるアミノ酸の一種です。

しじみに多く含まれており、広く知られている成分です。このオルニチンと深い関係にあるのが肝臓です。

肝臓は、アルコールや疲労の原因であるアンモニアなどの有害物質、老廃物を分解し、解毒化する作用を担っている臓器です。

また脂質の分解に対しても作用を持っています。

そのため肝機能が低下すると、有害物質や老廃物が蓄積されやすくなり、体のコンディションが大きく低下する可能性が出やすくなります。

更に脂肪の分解も滞ることから、肥満や全身のエネルギー不足なども出てくる可能性があります。

よってこのような状態を防ぎ、肝臓の機能を維持、改善、回復することが全身の健康にとっては重要だと言えるのですが、その機能を回復させるのに効果が期待できるとされているのがオルニチンです。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

オルニチンサイクル

実はアンモニアが肝臓で無毒化される過程は、オルニチンサイクルと言う名称で呼ばれています。

そのような呼び名からも、この成分が肝臓に働きかける作用を持っているのは理解できます。

何故、オルニチンが肝臓の機能の維持、改善、回復に良いとされているのかと言うと、ひとつは肝臓そのものの回復に対して作用を持っているためだと言われています。

特にアルコールを多く摂取する人、脂肪分の多い食事を摂取する機会が多い人は、肝臓そのものがダメージを受けて機能が回復していない可能性も予想されます。

そのまま回復しない状態では、本来の肝機能が果たされる程度が低く、それどころかますますその機能が低下してしまうことも考えられます。

オルニチンの作用まとめ

逆を言えば、肝臓がしっかりと回復されれば、その機能の維持も期待できます。

そのため、オルニチンは肝機能の維持、改善に良いと言われているわけですね。

更にオルニチンには、肝機能そのものを助けるという意味でも作用があると言われています。

オルニチンサイクルに対しては勿論ですが、これを摂取することで成長ホルモンの分泌も促進されるとされています。

成長ホルモンには、脂質の分解に対する作用もあるため、その結果として肝機能による脂肪分解が助けられることも期待できます。

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら