肝臓回復にはどのサプリ?お酒好きのための厳選サプリランキング

kanzou-kaifuku-sapuri

「肝臓が回復しているか心配、でもお酒やめられない」…毎日のようにお酒を飲んでいると肝機能の低下が心配ですが、かと言ってお酒は中々やめられません(汗)

 

ただ40代にもなると「肝臓が悲鳴を上げて自分に万が一のことがあったら家族は…」という思いが頭をよぎったり(汗)

 

そうならないために肝臓回復のためのサプリが注目されていますので、いま話題の肝臓回復系サプリをランキングで整理します。

 

もし、お酒は好きだけど肝臓の回復度合いが気になる、という場合はチェックしてみてはいかがでしょうか。

肝臓回復系サプリ厳選ランキング

 

 

 

[1]レバリズム-L
しじみ&牡蠣エキス&スクワレン配合の肝臓回復のためのサプリ。素材にこだわった厳選成分・しじみ&牡蠣エキス&スクワレン他、シスチン、ビタミンB2、ビタミンEなど配合。数値撲滅キャンペーン初回限定500名。
詳細こちら 公式HPへ
[2]レバーザイム
レバーザイム 8つの成分オールインワンの肝臓サプリ。レバーエキス、ウコンエキス、しじみエキス、ビタミンB2・E 、しそ油、牡蠣エキス、活性酵素、EPA・DHA(オメガ3)の8つを配合した回復系サプリ。
詳細こちら 公式HPへ
[3]セラクルミン
日本初・肝臓のための機能性表示食品。肝機能酵素-AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP-の数値の低下が科学的に実証された機能性食品。クルクミンの吸収力を高めた回復系サプリ。
詳細こちら 公式HPへ
[4]ゲンキウコン
ウコンのクルクミンにこだわった肝臓回復系サプリ。クルクミンが最も多いと言われるインドネシア産のクスリウコンを使用。
詳細こちら 公式HPへ
[5]肝パワーEプラス
牡蠣&にんにく&南高梅の3つを凝縮。牡蠣(広島産)、ジャンボにんにく(長野産)、南高梅(紀州産)を配合。素材・産地・量のすべてにこだわった肝臓回復系サプリ。
詳細こちら 公式HPへ

 

第1位レバリズム-Lの配合成分

レバリズム-Lの成分は、サフラワー油、牡蠣エキス末、スクワレン、ゼラチン、L-シスチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、ビタミンE、ビタミンB2。

 

中でも注目は、

1、しじみエキス(静岡県産)

2、牡蠣エキス(岡山県産)

3、スクワレン(千葉県産)

4、その他の成分(シスチン、ビタミンB2、ビタミンEなど)

 

このようにレバリズム-Lに配合されている成分はしっかり考えられて選ばれている点に加え、それぞれの成分を活かすために国内産にこだわって素材を厳選しているんですよね。

 

その点は素直に評価できますね。

 

また、素材へのこだわりが品質の向上につながっている1つの例として、お子さんや妊婦さんでも利用できるということです。

 

▼さらに詳しく見てみる▼

ランキング詳細&1位レビューはこちら

肝臓の機能を回復させよう

お酒を毎日飲んでいる場合や、二日酔いになるぐらい多量のアルコールを摂取してしまう場合は、肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

 

ですので普段の生活習慣の1つとして肝臓の機能を回復する方法を取り入れたいですよね。

 

頭では分かっているんですが・・・あなたもきっとそうですよね。

 

肝臓に負担をかけてそれが回復しないまま飲酒を続けると、脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変となってしまう可能性があります。

 

脂肪肝でもちょっと焦りますが、肝硬変ともなれば「命の危険」も考えられる病気ですので本当に注意が必要です(汗)

肝臓回復にお酒を飲まない選択?

肝機能を回復させるために、まずは第一にお酒を飲みすぎないことが大事です。

 

日本人は欧米人と比べてアルコールを分解する酵素が少ないと言われていますので、その点でも肝臓が回復しにくく、負荷がかかりやすいと言えます。

 

ですので毎日お酒を飲んでいる場合は飲む量を減らすなどの工夫が大事になります。

 

いわゆる休肝日もその一つです。

 

お酒を飲まなければ、あの嫌な二日酔いもありません(笑)

 

ただ、そうは言っても普段からお酒を飲む習慣がある場合は、いざお酒を抜こうとしても実際なかなかできないのが本音ですよね(汗)

 

肝機能を回復させる方法はお酒を控えるだけではなく、適度な運動や食生活の改善も効果的だと言われます。

 

ただ、運動や食生活の改善も普段の生活リズムの中で、急に変えろと言われても正直難しいのが現実。

そうなると別の方法で肝機能を回復させるしかないわけですが、その1つとしてサプリが有効だということで肝臓系サプリが人気になってきました。

 

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

肝機能を弱めてはいけない理由

肝臓は色々な機能を担っています。

代謝・解毒・分泌

例えば、

  • 糖や脂質をエネルギーに変える代謝
  • アルコールやアンモニアなど有害物質の解毒
  • ビタミンの合成や胆汁の分泌

などがありますね。

 

普段は肝臓の役割をあまり意識していませんので、ピンとこないかもしれませんが、代謝・解毒・分泌などの機能がうまく行かない場合は深刻な症状になる可能性があります。

 

例えば肝機能が弱まってアンモニアの解毒がうまくいかず体内にアンモニアが蓄積していくと意識障害などが起こる可能性があると言われています。

 

その他、肝臓に中性脂肪がたまって脂肪肝になると、脂肪性肝炎や肝硬変になる恐れもあると言われていますね。

 

その他、肝臓はコレステロールとの関係も深いのです。

肝臓とコレステロールとの関係

コレステロールというのは、肥満につながるような悪いイメージがありますよね。

 

「コレステロールの摂りすぎは良くない」とか、けっこう聞きます。

 

実はこのコレステロールは、7~8割は体内で作られているようです。

 

ちょっと驚きですが(笑)

 

そして、そのほとんどは肝臓が作っているのです。

 

肝臓って本当に色々な機能がありますね。

 

ちなみに、コレステロール値が高いというのは体内のコレステロール量ではなく、血液中にどれだけコレステロールが含まれているか、表すものなのです。

 

ここで大事なことは、肝臓がコレステロールをうまくコントロールする機能を担っているという点です。

 

つまり、肝臓の機能が低下すると血中のコレステロールの調節機能がうまく働かず、血中コレステロールの状況に大きな影響を与える可能性があるのです。

 

ですので、肝臓の機能は可能な限り弱めないよう、また弱ってしまったら回復させるように努力したいですよね。

 

特にお酒を飲み過ぎるなど自分から肝臓に負担をかける場合は、積極的に回復するための方法も身に着けたいものです。

 

そのために自分は何ができるのか?

肝臓回復のための食事

肝臓回復系のサプリで肝機能をサポートするのも大事ですが、肝臓をいたわる意味で根本的な部分は意識しましょう。

 

やはり、可能であればお酒を減らすこと。

 

そしてお酒を減らすのと同時に肝機能を回復させるための食事を心がけて良い成分を摂取することが大切です。

肝臓に良い食べ物1・ビタミン類

肝機能を回復させる栄養素としては、ビタミン類が有名です。

 

特にタバコを吸っているのであれば、体内のビタミンが常に不足している状態のためビタミンを多く含む食材やサプリを摂取したいですね。

 

ビタミンが不足してしまうと肝臓が正常に働かなくなってしまい、栄養素を上手に処理できなくなってしまいます。

 

ビタミン類の多く含まれる食材としては、野菜や果物の他にも、うなぎや青魚なども挙げられます。

肝臓に良い食べ物2・タンパク質

ビタミンの他にも良質なタンパク質を摂取したほうが肝臓回復のためのサポートして良いと言われています。

 

タンパク質も不足してしまうと肝細胞を回復する酵素が上手く作り出せなくなってしまいます。

 

タンパク質としては、卵、魚、肉、乳製品となります。

肝臓回復のために適度な運動

食事以外にも、運動不足によっても肝臓に負担をかけてしまいます。

 

運動不足で血行不良となってしまうと血液が汚れやすく、汚れた血液は肝臓に流れ、解毒するのに負担をかけてしまいます。

 

運動によって血流を良くし、中性脂肪も減らせるため、定期的な運動を心がけたいところです。

 

なかなか難しいですが(汗)

 

また、睡眠についても、立っている時よりも寝ている時のほうが肝臓に行く血液の量が増え、必要な栄養素や酸素が運ばれていきます。

 

それによって肝機能が高まるため、夜更かしや短時間の睡眠を避けたほうが良いと言われていますので意識したいですね。

肝臓の回復に1番簡単なのはサプリ?

ここまで読んでいていかがでしょうか?

 

要するに、規則正しい生活習慣を繰り返し、中でも体への栄養補給の面で栄養バランスの優れた食事を摂り、適度な運動で健康的な体を維持する。

 

・・・(汗)

 

栄養補給をバランス良く、運動で活動的な体をつくるって、私は気が遠くなりそうでした(笑)

 

そんな時に、肝臓を回復させる方法として「もうこれしかないのかな?」と思えたのが肝臓回復系のサプリでした。

サプリのメリット

肝臓回復系のサプリに限らず、健康食品として栄養補給の1つとしてサプリメントは有効に活用されていますよね。

 

健康面、美容面など様々な理由で普段の生活習慣をサポートする役割として浸透しています。

 

肝臓回復系のサプリの場合も、例えばしじみのオルニチンや牡蠣の亜鉛など、肝臓に良いとされる栄養素・成分を凝縮して簡単に摂取できます。

 

  • 簡単に成分を摂取できる
  • 簡単だから続けやすい
  • 必要な成分を集中的して摂取できる
  • 持ち運びが可能

 

など、サプリで栄養補給やサポートするメリットは実は大きいかもしれません。

 

その肝臓回復系サプリで注目される代表格はしじみですよね。

 

しじみの成分オルニチンは肝臓のサポート役として非常に優れていると言われています。

 

>しじみがタップリ入ったサプリをチェックする

しじみのオルニチンと肝臓の関係について

オルニチンは、体内に存在しており、また体内で生産されるアミノ酸の一種です。

 

しじみに多く含まれており、広く知られている成分です。このオルニチンと深い関係にあるのが肝臓です。

 

肝臓は、アルコールや疲労の原因であるアンモニアなどの有害物質、老廃物を分解し、解毒化する作用を担っている臓器です。

 

また脂質の分解に対しても作用を持っています。

 

そのため肝機能が低下すると、有害物質や老廃物が蓄積されやすくなり、体のコンディションが大きく低下する可能性が出やすくなります。

 

更に脂肪の分解も滞ることから、肥満や全身のエネルギー不足なども出てくる可能性があります。

 

ですのでこのような状態を防ぎ、肝臓の機能を維持、改善、回復することが全身の健康にとっては重要なんですよね。

 

その機能を回復させるのに効果が期待できるとされているのがオルニチンです。

オルニチンサイクル

実はアンモニアが肝臓で解毒、無毒化される過程は、オルニチンサイクルと言う名称で呼ばれています。

 

そのような呼び名からも、この成分が肝臓に働きかける作用を持っているのは理解できます。

 

何故、オルニチンが肝臓の機能の維持、改善、回復に良いとされているのかと言うと、ひとつは肝臓そのものの回復に対して作用を持っているためだと言われています。

 

特にアルコールを多く摂取する人、脂肪分の多い食事を摂取する機会が多い人は、肝臓そのものがダメージを受けて機能が回復していない可能性も予想されます。

 

そのまま回復しない状態では、本来の肝機能が果たされる程度が低く、それどころかますますその機能が低下してしまうことも考えられます。

オルニチンの作用まとめ

逆を言えば、肝臓がしっかりと回復されれば、その機能の維持も期待できます。

 

そのため、オルニチンは肝機能の維持、改善に良いと言われているわけですね。

 

更にオルニチンには、肝機能そのものを助けるという意味でも作用があると言われています。

 

オルニチンサイクルに対しては勿論ですが、これを摂取することで成長ホルモンの分泌も促進されるとされています。

 

成長ホルモンには、脂質の分解に対する作用もあるため、その結果として肝機能による脂肪分解が助けられることも期待できます。

 

>しじみがタップリ入ったサプリをチェックする

肝臓の数値について

肝臓の健康状態を示す数値は、GOTとGPT、γGTP、ALP、血清ビルビリン、LDHの6つです。

GOTとGPT

GOTとGPTは肝臓に存在しアミノ酸の代謝に疲れる酵素のことです。

γGPT

γGPTは解毒作用に関わっている酵素です。

ALP

ALPは肝臓や腎臓、骨などで生成される酵素です。

血清ビルビリン

血清ビルビリンは赤血球が寿命を迎えて分解されてできる黄色い汁です。

LDH

LDHは糖分をエネルギーに分解する時に使われる酵素です。

 

これらの数値について検査などで異常がある時はお医者さんの指導を仰ぎ、必要であれば早い内の治療が望まれます。

 

考えられる病気は、並べてみれば前述のものも含めて、アルコール性肝炎、アルコール性脂肪肝、胆汁うっ滞性肝炎、慢性・急性肝炎、薬剤性肝障害、胆石などがあり、いずれも放置しておけない病気です。

 

※上記のうち、健康診断などでγ-gtp(ガンマgtp)は見かけるのではないでしょか。このγ-gtpはお酒に関係する数値としてもよく取り上げられますので少し詳しく解説しますね。

 

数値が気になっている場合はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

>>肝臓数値の詳細はこちら

肝臓とアルコールの関係について

健康に生活したいと考えるのは自然なことですよね。

 

ただ、若いうちは元気に生活できますが、不摂生な生活を続けていると40代くらいから少しずつ影響が出てきますので早めに機能回復のための対策を講じておく必要があります。

 

中でも特に気をつけたいのは肝臓ではないでしょうか。

肝臓は欠かせない臓器の1つ

肝臓は健康に生活するためには欠かせない臓器ですので、肝臓に関する数値が悪化した場合に、回復しないまま放置しておくのはナンセンスと言えるかもしれません。

 

肝臓に影響を生じさせるものといえば、やはりアルコールになります。

アルコールの分解

特に社会人になると飲み会に参加しなければいけない機会も出てきます。

 

そのような機会が続いて毎日のようにお酒を飲んでしまうケースもあるかもしれません。

 

ただ、その生活は危険だと言わざるを得ません。

 

肝臓はアルコールを分解する働きがありますが、この働きは一日に男性の場合40g、女性の場合は20gしか行われないと言われています。

 

少ないですよね。

 

毎日大量のお酒を飲み続けてしまうと機能が回復せずにアルコールを分解できなくなりますので、それが続くと例えば疲れやすくなったり、2日酔いになりやすかったりするわけですね。

 

ですので、アルコールによる症状が悪化する前に改善して本来の機能が十分に働く態勢に戻すことが大事になります。

脂肪肝

脂肪肝を甘く考えている方がいるようですが、肝硬変や肝臓がんに進行してしまう可能性がありますので本当に注意が必要です。

 

肝硬変や肝臓がんになってから後悔しないように食生活などを変えて日頃から肝機能を回復させるなど予防する対策が求められます。

 

適度に飲むのであればお酒は百薬の長と言われていますが、大量のお酒を飲んでいる方は将来のことを考えてなるべく早く見直すべきですね。

 

お酒を飲むのがダメだというのではなく、休肝日を設けて臓器への負担を少なくする意識が大事です。

 

好きなお酒や脂っこい料理ばかり楽しみたい方もいますが、そういう食生活を続けていると大きな病気を発症してしまうリスクが高くなりますので、アルコールとの付き合い方を考え直すことが大切です。

 

休肝日は少なくとも週に2回は必要だと言われています。

 

また、お酒のつまみは高カロリーなものは避けて、低カロリーのものを食べるようにしましょう。そのように体のことを考えて生活するべきですね。

 

とはいえ、生活習慣を急に変えなさいと言われても中々難しいですよね。そういう時に手軽なサプリメントがあると続けやすいものです。

 

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

お酒が肝臓機能を低下させるのはなぜ?

肝臓は不調をきたしても、神経が無いため自覚症状がなく、お酒を定期的に飲んでいるという方は注意が必要となります。

 

お酒が肝機能を低下させてしまう原因は、お酒を飲むことによって肝臓に大きな負担をかけてしまうためです。

 

摂取したアルコールは90%以上が肝臓で分解されるため、飲み過ぎてしまうと肝臓を酷使してしまうことになります。

 

それが続くと機能が回復しないまま、また次のアルコールを解毒する必要があり、肝臓が疲れてしまうわけです。

 

また、アルコールによって肝臓に脂肪が溜まりやすくなり、脂肪肝などになるリスクも高まりますね。

脂肪肝の状態

脂肪肝は肝臓の障害で最も多く、肝臓に30%以上の中性脂肪がついている状態のことを指します。

 

脂肪肝となってしまうと、血液中にも中性脂肪が流れて動脈硬化などの原因ともなってしまいます。

 

体重が増加していなくても、脂肪肝になっている可能性は十分にあります。

 

この脂肪肝を放置してしまうと、アルコールを分解する時に発生するアセトアルデヒドによって肝臓の細胞が破壊されてしまい、肝臓が硬くなってしまう肝硬変になります。

肝臓の悪化が進行すると

この肝硬変の進行を放置していると、肝臓の機能が回復せずにほとんど働かなくなる肝不全や、肝臓のがんにもなる可能性が高くなります。

 

年数としては、脂肪肝の状態が5年以上続き、大量のお酒を飲み続けることで肝臓が炎症を起こすアルコール性肝炎が起こります。

 

アルコール性肝炎の状態でお酒を飲み続け、5年から15年ほど経つと肝硬変となります。

 

お酒を飲む方で、アルコール依存症となってしまう方もいますが、このアルコール依存症の8割程度の方が合併症としてなんらかの臓器の障害が確認されていると言われています。

 

アルコール性肝炎になった時には肝臓が腫れてしまい、吐き気や腹痛、嘔吐などの症状が現れるため、お酒を飲みすぎている方で、そちらの症状が現れた場合は病院で検査を受けたほうが良いでしょう。

 

沈黙の臓器、我慢強い臓器とも言われているように、自分では気が付かないことがほとんどとなるので、定期的に健康診断を受けて早めに肝臓の不調を知る必要があります。

 

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら

肝臓と疲れの関係について

疲れとは、ある部分の使い過ぎやストレスなどによりその部分の機能が低下してしまい、普段のように働くことができなくなるものです。

 

通常は休養をとったり睡眠を十分にとることで回復し、元に戻ります。

 

そして疲労感とは、疲れが蓄積されていって病気になる前に、心身を休めて疲れを回復させないといけないという危険信号の一つです。

 

特に体の中で1番大きい臓器と言われる肝臓は、その働きも多く、よく疲労する臓器になりますので、うまく労わって機能を回復させるのが大事ですね。

 

この肝臓と疲れについてもう少し詳しく解説しますので、もし、最近肝臓が疲れてるかも?と思う場合はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

>>肝臓と疲れについて詳しく見てみる

肝臓の機能、回復系サプリについてのまとめ

肝臓の機能や、回復のためのサプリについて解説しましたがいかがだったでしょうか。

 

今回、肝臓について少し具体的な説明もしましたが本来、体のすべてにおいて健康ということを1番に考えるのが大事ですよね。

 

今回はその中の1つとして肝臓でしたが、普段の生活習慣の中で運動や食生活の改善が難しいため、その代替のサポート方法としてサプリが有効な選択肢になるというお話です。

 

そして実際にどのサプリが良いのか?迷った時には肝臓回復系のサプリについてランキングを整理しましたので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

もし、普段からお酒を飲む中で「ちょっと肝臓が気になる」とか、「肝臓が悲鳴をあげたら…」

と不安が少しでもあるようでしたら早めのケアがとても大事ですので、早めの行動で肝臓を回復させましょう!

 

肝臓回復系サプリ厳選ランキングはこちら